引っ越ししました。

みなさま大変お久しぶりです。

「天の声」です。

 

1月21日に引っ越ししました。

 

引っ越し後の片づけはまだ終わりませんが、生活するには支障ない程度になりました。

 

光回線の工事が2月3日だったので、やっとパソコンが使えるようになりました。

 

 

いつも私たちの事を気にかけて下さっている皆様。

更新が大変遅くなり申し訳ありませんでした。

 

 

 

さてさて、何故引っ越ししたかというと

 

前のマンションは玄関へ行くために15段の階段を登らなければなりません。

 

パーキンソン病の私は、体のバランスがとれない時があって、何度か落ちてしまいそうになった時があります。

 

そして家の中の空間も狭い為、家具につまづいて転びそうになったりしていました。

夫と相談し、怪我をしてからでは遅いので、とにかくマンションを売ろうということになりました。

 

その話を夫のお姉さんにしたところ、マンションを買ってくれるとの事!!!

お義姉さん、ありがとー♡♡

 

お義姉さんが住んでいた平屋の借家に私たちが引っ越しし、住居をチェンジしました。

 

平屋の家はとっても快適です。

 

四つの部屋と台所、大きな物置まであります。

 

空間がひろーくなったので、家の中で転びそうになることも無くなりました。

 

荷物はそんなに多くはないですが、これだけのものがよくあのマンションに入ってたものだと我ながら感心しています。

 

 

 

引っ越し早々大寒波がきましたね。

 

マイナス五度

 

古い家なので隙間風が入ってくる場所がたくさんあります。

大寒波が来る前に100均で隙間テープを買ってきてはりまくったり、冷たい廊下にはカーペットを敷いたりと、寒さ対策も出来る範囲で頑張りました。

(ほぼ夫がしてくれました♡)

 

引っ越しの際は長男夫婦が手伝ってくれたのですが、トイレがあまりにも寒いのを心配して、人感センサーが付いているヒーターをプレゼントしてくれました。

 

これがとっても暖かく、本当にありがたいです。

 

一昨年の夏、引っ越しした際は適応障害になってしまった私ですが、

今回は大丈夫でした。

 

引っ越し前日の追い込みの荷造りの際、

 

前回は、ほぼ寝ずに一人で荷造りしたことを思い出し、

 

夫に

「本当にあのときは大変やってんよー」と愚痴を聞いてもらいながら、

楽しく引っ越し準備もできました。

 

今回はアーク引っ越しセンターにお願いしましたが、

テキバキした動きと、丁寧な仕事ぶりに感激しました。

 

プロの仕事は芸術的です。

 

新人さんがいて、その人へ仕事を教えている話し方も優しくてわかりやすい。

 

素晴らしいなと感心しました。

 

 

 

今回の大寒波は雪は金沢市内より内灘の方が積もりました。

 

だいぶ溶けてはきましたが、ところどころ雪の壁が残ってます。

 

家の前の雪すかしはすべて夫がしてくれました。

 

肺がんステージ4だとは思えません。

 

私の方が病人っぽいのでいつも気にかけて助けてくれます。

ほんとに感謝してます。

 

元気で今年も過ごせるといいなー

と願います。

 

 

次回  定期検査の結果のお知らせ  

 

 

 

 

今年も宜しくお願い致します

おはようございます。

 

10日後の花道です。

天の声です。

 

2023年になりました。

 

2人とも元気に新年を迎えております。

 

1月中に引っ越しすることになり(詳細は後日かきますね)

 

その準備と仕事で年末は忙しく過ごしていました。

 

今年は引っ越しから始まり環境が変わるので、ちょっとワクワクしています。

 

皆様にとって幸せな1年になりますように!!

 

今年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

12月 定期検査の報告

「天の声」です。

 

昨日夫は呼吸器内科の定期検査に行ってきました。

 

すべて順調と言いたいところなのですが

 

腫瘍マーカーが6.4 

 

基準値が5なので 少し上回ってきました。

 

ガンも生き延びるのに必死なんですよね(+o+)

 

でも夫は元気です。

 

忘年会、麻雀、試合にと、忙しく参加しております。

 

現在の抗がん剤で治療は続行します。

 

 

さて私、

 

今日はとっても元気です。

 

日によって体調に差がありますが、元気な日が増えています。

 

顔の痛みが無いわけではありませんが、

 

気にならない時間が増えています。

 

パーキンソンの症状も良くなっています。

 

薬ってすごいですね。

 

それだけ効くと副作用も出てくるとは思いますが、

 

出てきたらその時に対処します。

 

痛くないだけで仕事も家事もはかどります。

 

日曜に夫と「スラムダンク」の映画を観てきました。

 

すごーく感動しました。

 

内容に関してはここでは話しません。

 

観てのお楽しみです ^o^

 

 

次回   病気の説明

 

 

 

11月13日

「天の声」です。

 

11月13日(日曜日)

 

朝起きてからずっと、右側の顔が痛くてたまらない。

 

頭がすっきりしない。

 

頭がもやもやする

 

歩くとフラフラする。

 

何もしたくない。

 

とにかくイライラする。イライラする。

 

こんなにイライラすることは、生理前の時も更年期障害の時も感じたことがありませんでした。

 

物にあたりたくなる。

 

コップとかを床に叩き付けたくなる。

 

イライラして壁に穴をあける人とかをテレビで見たことはありますが、

自分がそんな衝動にかられたことは、今まで一度もありませんでした。

 

でもその気持ちがわかります。

 

コップとか食器類を思いっきり叩き付けたら、気持ちが晴れそうな気がしました。

 

でも実際そうすると、後片付けが大変な事もわかってるので、

 

私はボックスティッシュを床に叩き付けていました。

 

右手と左手に一つづつ持って床に向かって叩き付ける。

 

何度か繰り返すと少し気持ちが晴れました。

 

ティッシュの箱はボロボロです。

 

少しだけ心が楽になる。

 

痛みも少しの間だけ感じなくなる。

 

でもしばらくすると痛くなり、,またイライラしてくる。

 

泣いたらすっきりするような気もするのですが、

 

何故か泣けない。

 

何もできない

 

 

夫は外出してたので、その姿は見てないです。

 

夫が帰宅してからも痛みはずっと続き、

 

とにかくイライラするのと、頭がもやもやするので

 

自分で自分の頭をバシバシ叩いて、

 

「イライラする イタイー イタイヨー」と叫んでいました。

 

夫はさぞかし驚いたと思います。

 

安定剤があれば、そこまで辛くなかったのかもしれませんが、

 

一錠残っていた安定剤は、ずっと前に飲んでしまっていました。

 

とにかく月曜日病院に行くまでの我慢。

 

布団にはいって、時間がすぎるのを待ちました。

 

 

月曜日、フラフラしながら病院に行き、先生に話を聞いて頂きました。

 

父が亡くなったことも話しました。

 

「大変だったでしょう。」

 

「お父さんが亡くなったことで、ストレスを感じたのかもしれませんね。」

 

「ストレスは痛みを増長させますから。」

 

「痛みの治療も開始しましょう」

 

「眠くなる副作用があるので、少ない量から試してみましょう」と言われ、

 

神経障害性疼痛の薬を朝晩一錠づつ処方してもらいました。

 

家に帰り、すぐに一錠服用しました。

 

30分ほどで効いてきました。

 

頭のもやもやが消えていくのがわかります。

 

痛みも緩和され、本当に楽になりました。

 

イライラも止まりました。

 

11月14日から服用し始め、日に日に楽になっていきました。

 

ブログも更新する気持ちにもなれました。

 

本日12月1日

 

パーキンソンの薬も効いている為だと思いますが、

 

ふらつきもなくなり、

 

歩きにくさも軽減し、

 

頭の重い感じもなく、

 

すごく元気になっています。

 

ただ、人がたくさんいる所にはまだ行きたくありません。

 

気をつかう人とは話したくありません。

 

体に痛みがあると、心まで痛い。

 

どれだけのストレスを抱えていたのか

 

ストレスが蓄積されると、痛みも倍増する

 

私はリストカットしようとは、まったく思いませんでしたが、

 

あの状態が続くとどうなっていたかわかりません。

 

今回の経験で、たくさんの人が辛い思いを抱えて生きているんだろうなー

 

と思いを馳せることができました。

 

ストレスは気づかないうちに溜まっていく。

 

発散させる方法を知らないと、苦しくてたまらない。

 

生きていくって大変ですね。

 

我慢しているつもりはなかったけど、

 

我慢の連続だったかも

 

自分の心を素直に見つめて

 

負担になりそうなことは省いていこうと思ってます。

 

 

とっても辛い日々 Ⅱ

「天の声」です。

 

前回の続き 

 

具体的にどう辛かったかですが、

 

10月14日からパーキンソン病治療薬の服用を開始し、

歩きにくさ、立ち上がりにくさは、ものすごく軽減しました。

 

しかし右目周辺の顔の痛みは変わらず、歩く時にクラクラするような、めまいのような症状がでてきました。

 

その状態が良くならず、いつも雲の上を歩くようなフワフワするような感じでした。

 

どうしても痛くて眠れない時に服用する安定剤は一週間に2錠だけの計算で処方してもらっていました。あまり飲まない方が良い薬なんだそうです。

 

痛くて眠れない日が続いたので、安定剤は10月末にはあと一錠しか無くなりました。

 

そのうち頭痛もでてきたので、早めに病院に行きたかったのですが、

父の葬儀になり、

それもできず、

 

11月1日の父の葬儀の時は 気が張っている為なのか、あまり不調を感じませんでした。

 

2日から、顔の痛みも一層強くなり、常に顔と頭が重く感じて

 

何をするのも億劫になっていました。

 

 

あまりの痛さに精神的にも辛くなり、家族以外の人とは話もしたくないような状態でした。

 

人と話すのは元気な時は何とも思いませんが、ものすごくエネルギーを使うことなんやなーと思います。

 

ずーっと何もしないで横になっていたかったのですが、

仕事をしないわけにもいかず、やっとの思いで仕事を何とかこなし、

 

買い物に行き、ご飯を作り、洗濯をし、

 

しかし、食器洗いまで力が残ってないので常に台所のシンクには食器があり、

それを見るたび嫌になり、どんどん気持ちが沈んでいく。

 

たまに調子が少しだけ良い時もあるので、そんな時にたまった家事をすると、

また疲れがどっと押し寄せてくる。

 

昨年の夏に適応障害になった時は、ここまで顔の痛みはなかったです。

 

 

今回は、顔の痛み、頭の重さが寝てもとれない為

とにかく早く病院に行かなければ、

 

でも予約を変更する電話をかける元気が残っていない

 

人がたくさんいる病院に何時間もいることができるのか?

 

1人でいると、気持ちが沈んでいきました。

 

でも、夫が帰ってくると少し楽になるのです。

心配をかけたくない気持ちが、働いたのかもしれません。

 

昨年の経験から、こんな状態の時は休養するのが一番の薬だとわかっていたので、

なるべく横になっていました。

 

予約変更の電話をかけることくらい、簡単にできそうなことなのですが、

人と話したくないので、その時の私にとってはとても高いハードルでした。

 

でもでも、この状況を打破するには痛みをとるしか方法がない為、

予約変更の電話を頑張ってかけました。

 

受診日は11月14日に決定!

 

そして前日13日に私は今まで経験したことのないような精神状態になってしまいました。

 

 

次回 11月13日

 

 

 

 

 

とっても辛い日々

「天の声」です。

 

もうひとつ痛みを私は持っています。

 

 

2018年に「急性緑内障発作の予防の為」(この内容は後日かきますね。)

目の手術をしたのですが、それ以降ずっと右目周辺と右目の奥、右頬あたり、ひどくなると右の上奥歯、右の唇までズキンズキンと脈に連動したような痛みがあります。

 

眼科、耳鼻科、神経内科脳神経外科、と受診し検査しましたが、どこにも異常はないとの事。

神経内科では痛みどめを処方されましたが、痛みはとれませんでした。

 

眼鏡も色々作ってみましたが、まったく良くならず、

 

ひとつだけ楽になった病院があります。

 

友達が紹介してくれた病院です。

 

エコーで状態を見ながら施術してくれます。

 

三叉神経と筋肉の状態がうまく連動してないとの事。

 

そこでの施術後は、とても楽になりました。

 

ただ自由診療なので、週に二度通院し続けると結構な金額になります。

 

でも痛いのは辛かったので、通院していましたが、

 

昨年夏に適応障害になり、自動車を運転して、ちょっと遠いその病院まで行ける状態ではなくなり、

それ以来通院していません。

 

適応障害の精神科の病院の先生に顔の痛みも相談したところ、

 

神経障害性疼痛 の痛み止めを処方してくれました。

 

その薬は効きました。

日中は痛みは軽減され、気にならなくなりました。

ただ寝る前、布団に入るとズキンズキンと痛みだし、寝ていても痛みで起きてしまうので、

どうしても痛くて眠れない時の為に安定剤も処方してもらっていました。

 

安定剤はとても眠くなるので、痛みを感じず眠ることができたのです。

 

そして今年の9月にパーキンソン病とわかり、すぐに治療を始めようとしたのですが、

パーキンソン治療薬と、痛みどめの相性が悪く、痛みどめを二週間休止してからじゃないとパーキンソン治療がはじめられないとの事。

そして顔の痛みはパーキンソン病の為かもしれないとの事でした。

 

10月14日まで痛みどめなしで過ごしました。

その2週間、辛かったです。痛みが一日中ありました。

 

でももっと辛かったのは、10月14日から11月13日までの一ヶ月。

顔の痛みがパーキンソン治療で良くなるかどうかの実験のような日々。

 

その間に父のお葬式もあり、早めに病院に行きたかったのですが、

お葬式でたくさんの人と話ししたストレスもあり、痛みは増幅し、

適応障害の時の様な精神状態になり、次回の病院の予約は11月24日だったのですが、予約変更の電話さえ出来ないような状態になりました。

 

少しだけ調子が良い時に予約変更の電話ができて、

 

11月14日に病院に行き、パーキンソン病治療薬と一緒に飲んでも大丈夫な神経障害性疼痛の治療薬を処方してもらい、痛みは劇的に軽減しました。

 

顔の痛みはパーキンソン病とは関係なかったようです。

 

10月14日からの一ヶ月、今までで一番辛かったです。

特に父のお葬式後、辛くて辛くて

 

具体的にどう辛かったかは、次回書かせていただきます。

 

 

 

次回   とっても辛い日々Ⅱ

私の父のこと

こんにちは「天の声」です。

 

10月30日に私の父が亡くなりました。

 

86歳でした。

 

父は肺炎で亡くなりましたが、たくさんの病気を抱えていました。

 

喘息、狭心症、進行性核上性麻痺(しんこうせいかくじょうせいまひ)

 

この進行性核上性麻痺という病気は、パーキンソン病と初期の症状が良く似ています。

 

父がパーキンソン病では?とドクターに言われたのが六年ほど前。

 

私はその時からパーキンソン病のことを調べていたので、自分の症状がパーキンソン病にあたるのでは?

 

と思い、何度もドクターに聞いていたのです。

 

父はパーキンソン病治療薬が効かず、何も治療できずに、どんどん体の動きが悪くなっていきました。

 

治療薬が効かないので、進行性核上性麻痺かもしれないが、そうだと断定することもできない。

との診断でした。

 

 

 

 

 

父は5年ほど前から介護施設で生活していました。

 

施設内で転倒し大腿骨骨折という大怪我をした際、神経内科のドクターが色々と検査をして下さって、やっと進行性核上性能麻痺と診断されました。

 

が、

 

治療法はありません。難病指定されている病気です。

 

病気が進行していくのを、黙って見ているしかありません。

 

コロナの為、施設への面会制限もあり、なかなか会うこともできませんでした。

 

しかし、施設にいれば安心です。

 

父はとても陽気な人で、くだらない冗談をよーく話してて

 

介護してくださってる方々と仲良くしているのがわかっていたからです。

 

施設の皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

八月末にコロナ感染し入院。

 

コロナは治ったのですが、熱が下がらないため継続して入院していました。

 

それから二カ月頑張っていましたが、10月30日に亡くなりました。

 

コロナの為お見舞いにも行けず、どういう状態かもわからず病院にお任せするのみ。

 

苦しまずにいてほしいと祈っていました。

 

 

亡くなってからの父の顔は、本当に穏やかで、肌も綺麗で、苦しくはなかったんだろうなと思えたので良かったです。

 

 

父は晩年、病気ばかりで辛い日々を過ごしていましたので、

亡くなって自由に動けるようになって喜んでくれているといいなと思います。

 

私がパーキンソン病だとわかったのは、父のお蔭だと思っています。

 

「お父さん、大切に育ててくれてありがとう。」

 

 

 

 

次回   とっても辛い日々